冬期間の面会方法について(特別養護老人ホーム はすがた園)

冬期間の面会方法について

日頃から当事業所の運営に、格別のご理解とご協力をいただき、厚く御礼申しあげます。

今年は、例年よりもインフルエンザの流行が早く、新潟県内でもすでに流行期に入っています。社会福祉施設や学校における集団発生も報告されており、十分な注意が必要です。

つきましては、園内での感染・流行を予防するため、冬期間(11月1日(金)から流行が落ち着くまでの間)は、入居者様の居住スペース(居室やリビング)でのご面会を控えていただき、専用の面会コーナーでご面会していただきますようお願いいたします。

なお、ご面会の際は、下記の内容にご留意くださいますようお願いいたします。

ご面会の際は、事務所職員に声をお掛けください。面会コーナーに入居者様をお連れいたします。

面会の際は、マスクの着用と手指の消毒をお願いいたします。

※マスク(1枚10円)と消毒は、受付窓口と面会コーナーの入り口にご用意しています。

面会コーナーは職員が不在ですので、飲食はできません。差し入れ等がございましたら、事務所職員にお預けください。(誤嚥や窒息などの事故防止や感染予防のため)

ご利用者ならびにご家族の皆様には、しばらくの間ご不便をお掛けいたしますが、何とぞご理解・ご協力を賜りますようお願い申しあげます。なお、ご親戚等、他のご面会者の方にもお伝えいただければ幸いです。

                          特別養護老人ホーム はすがた園